横浜・関内 / 歯科矯正・虫歯予防・ホワイトニング

歯科矯正|床矯正についてよくあるご質問です

歯科矯正

気になるところに細かくお答えいたします

1.なぜ歯並びは悪くなるのでしょうか?(クリックで答えを表示します)
一般に歯並びの悪さは、アゴの長さに対して、歯列の長さの方が、長いことが原因です。
そのため、アゴに収まりきらなかった何本かの歯が列から飛び出してしまいます。
2.ワイヤーを使った矯正と床矯正の違いは何ですか?
従来の矯正法は、先ず歯を抜いてスペースをつくり、ワイヤーで移動させながら、歯並びを整えます。
一方、砂田歯科医院では、歯を抜かず、アゴの方を広げて、スペースをつくります。
これが、元々ヨーロッパで発展した「床矯正」という方法です。
3.床矯正のよいところはどこですか?
歯を抜かないというのが、床矯正の最大のメリットだと砂田歯科医院では考えています。
4.費用はどれぐらい掛かりますか?
個々の症例により異なりますが、床の装置は1年間で通常2~4個が目安です。
床の装置は、1個60,000円(消費税別)です。
5.床矯正は簡単にできますか?
床矯正は正しく使用すれば辛かったり、痛かったする方法ではありません。
しかし簡単で楽にできる方法でもありません。
6.矯正の具体的な流れを教えてください。
簡単なカウンセリングのあと、まずは歯形を作ります。
歯形を元に技工士が手作りするのが、床装置(しょうそうち)と呼ばれる器具です。
ネジによる開閉式で、0.1mm以下での調整が可能です。
目安は1ヶ月1ミリ程度拡大し、十分にアゴが広がれば、歯は、自然に動いてゆきます。
7.床装置(しょうそうち)とはどんなものですか?
プラスチックで出来た器具で、一人一人の歯形に合わせて手作りします。
歯の移動が進むと、途中で新しく作り替えます。
8.床装置はどのように使うのですか?
自分で付けたり外したりが出来ます。 床装置を付けると、ちょっとしゃべり辛くなりますが、床矯正のメリットは、1日12時間の装着で良いこと。
いやな場合は、学校などでは付けなくても大丈夫です。
9.床矯正するのにどれぐらい時間が掛かりますか?
始める年齢や治療目標によって異なりますので、矯正相談の時にお尋ね下さい。
できれば犬歯が生える10才後半より前に治療を終えるのが理想です。
10.床矯正は、大人でも可能ですか?
一般に歯並びの悪さは、アゴの長さに対して、歯列の長さの方が、長いことが原因です。
その大人でももちろん床矯正は可能です。
その場合は治療期間を通常2年以上見る必要があります。
11.床装置でアゴを広げて、顔が大きくなりませんか?
広がるのは、アゴといってアゴ骨格ではなく、歯を支える歯槽骨(しそうこつ)という部分が広がるだけです。
ですから、決してアゴの外見が変わる訳ではありません。
逆に床矯正によって、顔の表情が改善されることも期待できます。
12.床矯正による治療の目的は何でしょうか?
萎縮したアゴを正しく育成するのが、治療の目的です。
結果として、自分本来の表情を取り戻すことが出来ると考えます。
13.床矯正はよく使われている方法なのでしょうか?
床矯正は、全国2000カ所以上の歯科診療所で行われています。
14.床矯正はどんな治療にも対応できますか?
実際には、床矯正が適用できる症例とできない症例もあります。
治療前にしっかりと相談して頂き、最終的な治療方針を決めるとこが大事ですので、 まずはご予約・ご相談ください。
抜歯が必要な矯正の場合、適切な医院を紹介させて頂きます。

初めてご来院の方へ

初めてご来院の方は、まずはこちらをご覧下さい。
当院のポリシー・診療に関するご注意・アクセスマップ・その他、知っておいて頂きたい内容をまとめました。

ご予約・お問い合わせ

ご予約とお問い合わせは、こちらから。
電話による受付時間・24時間送れるメールフォームがございます。

  • JR京浜東北線:「関内」駅、北口右側から徒歩7分
  • 市営地下鉄:「伊勢佐木長者町」駅、出口3Bから徒歩5分
  • 京浜急行:「日の出町」駅、改札左側から徒歩5分