横浜・関内 / 歯科矯正・虫歯予防・ホワイトニング

虫歯予防|唾液検査(サリバテスト)

虫歯になってからではなく、積極的に予防するプラン。

唾液検査(サリバテスト)とは?

むし歯は細菌によって起きますが、その程度は、環境や個人の体質によるところが大きいので、正しい予防には、詳しい検査がとても大切になってきます。
唾液はむし歯のかかりやすさを左右する重要な要素です。
唾液を調べる事であなたのむし歯のかかりやすさが判ります。 検査の結果と生活習慣なども考えて、あなたのためのオーダーメイドの「予防プログラム」をつくる事ができます。
また検査に痛みはありません。約15分で終わります。

唾液検査(サリバテスト)の詳細です

  • 診療時間:約15分
  • 費用:検査のみ 3,000円
  • 費用:検査+予防プログラム 5,000円
費用はすべて消費税別
唾液検査見本

唾液は、強い味方です。

う蝕(むし歯)に対するもっとも大きな抵抗力は、唾液です。分泌量が多いほど予防効果は高くなります。その4つの働きは以下のようになります。

キシリトールにはどういう効果がありますか?
キシリトールの甘さにより唾液を出させる効果です。
唾液が増えることにより緩衝能が高まり、歯の石灰化を促進します。
プラーク中のミュータンス菌を減少させ、むし歯をつくる酸産生を抑制する効果です。
また、100%キシリトール配合ガムを長期摂取(1日3回、3ヶ月以上)すると効果的です。

プラークとは?

歯の表面についた白っぽいネバネバしたもの。歯垢とも呼ばれ、生きた細菌の大集団が苔のようにヘバリついているもの(食べかすではありません)。
むし歯や歯周病の原因となります。

食事の後すぐ、むし歯は始まっています。

物を食べると、ひとの口の中は酸性になり、脱灰(だっかい:歯のエナメル質や象牙質からリン酸カルシウムの結晶が溶出する現象)が起きます。

簡単に言うと、物を食べて2~3分後には、むし歯は始まっているのです。それを唾液の力で、防ぐことを、脱灰に対して、『再石灰化』といいます。 食事をするたびに、歯の脱灰は起こっています。また、唾液により『再石灰化』も同じように始まります。

ところが、一度脱灰が始まってから、元の状態に戻るには、時間がかかります。その間にまた物を食べると、『再石灰化』が追いつかなくなり、 むし歯の進行を止めることが出来なくなります。

また寝ている間は、唾液の分泌量が少なくなり再石灰化が進まなくなります。ですから寝る前に物を食べるとむし歯になりやすいのです。

食事の回数と再石灰化・脱灰

食事時間と再石灰化のグラフ

初めてご来院の方へ

初めてご来院の方は、まずはこちらをご覧下さい。
当院のポリシー・診療に関するご注意・アクセスマップ・その他、知っておいて頂きたい内容をまとめました。

ご予約・お問い合わせ

ご予約とお問い合わせは、こちらから。
電話による受付時間・24時間送れるメールフォームがございます。

  • JR京浜東北線:「関内」駅、北口右側から徒歩7分
  • 市営地下鉄:「伊勢佐木長者町」駅、出口3Bから徒歩5分
  • 京浜急行:「日の出町」駅、改札左側から徒歩5分